topBook&DVDRENSAIlinkmachiukemobilemailtop
<お知らせ>

2011年12月をもって、この小窓の更新を終了させていただきます。なお「富士丸な日々」は今後もこのまま残しておきます。


(現在のブログは『コチラ』
Another Days
連載
アナザーサイドオブミュージック
犬のお気楽相談室
続・富士丸探検隊
富士丸探検隊
いぬのきもち
俺とお前の7年間




xevo×富士丸

強い心
昨年末のこと。世間のならわし通りに大掃除をしようと試みた。大掃除なんてものは勢いと強い心がないとできない。でないと、途中で嫌になって散らかしただけで終わってしまう。あとは段取り。特にひとり暮らしの場合、誰も手伝ってくれないので、どこからどういう順番で掃除するかというプランをきちんと立てなくてはいけない。そして我が家の場合、真っ先にしなくてはいけないのは富士丸を洗うこと。

070108-1.jpg

相変わらず濡らした瞬間、時間が止まったかのように固まる富士丸。この妙に鳥っぽくなった奴を洗うのは結構な重労働。なにせでかいくせに動かないものだから、力ずくで方向を変えなければいけない。しかし、まずこの巨大な鳥から洗っておかないと、いくら部屋を掃除したところですぐに毛だらけになってしまうので意味がない。こんなことぐらいでくじけては大掃除などできないのだ。

070108-2.jpg

シャンプーもリンスも終わり、あとは流すだけに。すると、なぜかそれを察して嬉しそうにする鳥丸。細いよ、お前。そしてこの後ぶるぶるを繰り返し、そこらじゅうを水浸しにする。毛だらけになったバスタブと床の掃除。しかし、これで終わりではない。まだ乾かしながら抜け毛を吐き出させるという作業が残っている。まだまだこれからが本番なのだ。

070108-3.jpg

そしてその作業が結構大変。無駄に毛の密度が濃いのでドライヤーでもなかなか乾かない。さらに底なしのように細かい毛が次から次へと湧いてくる。うとうとする富士丸とは正反対に、こちらはまさに格闘と呼ぶにふさわしい状態に。そして30分以上かけ、ようやく或る程度乾いたかなぁとなる。これでもまだ大掃除の最初の一歩でしかない。強い心をしっかり持って挑まなくては。

070108-4.jpg

でも、これ見て心が折れたのでした・・・。




 今年もよろしく!
← 今日もポチッと応援してね!

(ひろさん作のバナーです。どうもありがとうございました!)




『羊の国のラブラドール絵日記』のエビスくんとは違い、富士丸はまったく砂かけしません。ほったらかしです。


6000万PV/日突破! FC2BLOG

<<前の日 次の日>>

2009
2008_1
2008_2
2007_1
2007_2
2006_1
2006_2
2005
TOP
Powered By FC2.

登録サイト80万突破のA8.net