topBook&DVDRENSAIlinkmachiukemobilemailtop
<お知らせ>

2011年12月をもって、この小窓の更新を終了させていただきます。なお「富士丸な日々」は今後もこのまま残しておきます。


(現在のブログは『コチラ』
Another Days
連載
アナザーサイドオブミュージック
犬のお気楽相談室
続・富士丸探検隊
富士丸探検隊
いぬのきもち
俺とお前の7年間




xevo×富士丸

鈍感になってゆく犬たち
犬の祖先はオオカミだといわれている。人に飼いならされた時点で犬になったのか良く知らないが、まぁ本来野生動物だったのだろう。しかし、このところのペットブームで犬は本来の野生の勘さえ失いつつあるのではないだろうか。地震の前に動物が騒ぎだす、食べてはいけない物を嗅ぎ分ける、なんて話は良く聞く。でも、そんなことすら出来ない奴らが増えているのではないか? 

うちの富士丸もこのあたりの感覚はいっさい退化しているようだ。地震などは人間より気付くのが遅い。新潟地震が起きたとき、僕は都内の自宅で洗い物をしていたのだが(生活臭っ!)、なんだかまわりが揺れている。「ん?地震か?」と思い富士丸を見てみると、いつものようにソファーの上で寝ており、2秒くらいしてから「アレ?何?これ?」みたいな顔でキョロキョロしていた。遅っ!

それ以外も獣医からもらった薬を飲ませるのが大変、なんて話をよく耳にする。これも富士丸はまったく平気だ。エサにまぜるところが、薬そのものをあげてもボリボリ食べやがる。毒だったらどうすんだ!?危機感がなさすぎる。

飼い主が帰ってくる数時間前からそわそわするなんて犬もいるようだが、これも駄目。さすがにバイクの音は覚えているようだが、徒歩で帰ってきたときなどは予想外のもよう。先日もいきなりドアをガチャッとあけるとビクッ!として飛び起きていた。気配を感じろ気配を。まったく。

そんな富士丸だが、散歩にいく支度などには敏感だ。僕がさぁ散歩にでも行くか、と思い着替えるともう玄関で準備オッケーとばかりに座っている。そんなとこだけか。

はぁ、そろそろ散歩でも行きますか。

040530-1827.jpg

て、気づいてないし。

<<前の日 次の日>>

2009
2008_1
2008_2
2007_1
2007_2
2006_1
2006_2
2005
TOP
Powered By FC2.

登録サイト80万突破のA8.net